コロナ対策 お家で出来る基本稽古 番外編2

IMG_20190804_102305.jpg
↑こちらからどうぞ。

②スイッチとは(オーソドックス)
●スイッチは単純な足の入れ替えではなく、前脚を蹴り足にする為の技術=スイッチが終わった瞬間に回し蹴りのタメが出来ていなければならない

《以下左回し蹴りで説明する》
●左足を右足の位置まで引くが、その時に身体重心は右斜め前に移動させる
●重心の移動に釣られるように左足で地面を蹴って右足を右斜め前に移動させる
右足が地面についた瞬間に回し蹴りのタメを完成させる
●タメの開放(注意点は回し蹴りの項を参照のこと) 

半畳でやるなら、膝蹴りまでにして連続で行うと良いと思います。

本当は一蹴りするごとに少しづつ身体は右斜め前に移動していくのが正しいのですが、半畳でやるには軸足を移動させずに行う必要があります。
※道場で移動稽古で行う際は右斜め前方向に移動する様指導していますので念の為。

【ご挨拶】
コロナ対策 お家で出来る基本稽古は、今回をもって一応終了致します。

手技の基本稽古は2分もあれば1回出来る一方で、きちんとやろうと思えば非常に奥深くもあります。

息を上げるように速くやっても、形を染み込ませるようにゆっくりやっても良いと思いますので、是非毎日続けてみて下さい。

併せてカウンターの膝蹴りの練習もスイッチを含めて行って頂ければと思います。

今後はまたネタを貯めて技術的な事についてアップしていく予定ですが、コロナ対策とならないよう一日も早くコロナ禍が終息する事を願うばかりです。

それではまた。

この記事へのコメント