依然コロナ禍にある中での定時稽古について

image3.jpg
東京都、神奈川県については依然新型コロナウイルスの陽性者が減少しない中で、それでも政府主導で今夏以降徐々に生活様式がコロナ禍以前のものに戻りつつあります。

が、新型コロナウイルスは厳然としてここにあり、また当道場の様なスタイルで人が集まる場所がクラスター発生リスクが高いことはご承知のことと思います。

自分の周囲の生活様式が以前のものに近づいたからといって、道場内でのリスク低減の努力を怠る事は絶対に避けて下さい。

それは正常化バイアスといって大変危険な兆候です。

稽古中は必ず窓を開けて換気し、全員必ずマスクと軍手を着用し、他者との接触毎に消毒を欠かさないよう、改めてお願いします。

コロナウイルスのPCR検査陽性者が1名出ただけで、その陽性者が出席したクラスの出席者のPCR検査の結果が出るまで定時稽古は中止になります。

クラスターが発生したら、中止期間はいつまでになるか分かりません。

今出来る防護策を参加する皆さんが最大限努力して遂行する事が最も効果のある防護策です。

今暫く皆さんの最大限のご協力をお願いします。

この記事へのコメント